声優になる為にプロの環境で学べる学校へ

声優になる為にプロの環境で学べる学校へ

私は幼少の頃より声優業界に憧れを抱いていました。

テレビやラジオなどで活躍する魅力的なたくさんの声優さんたちを見て、いつかは私もあの世界で活躍したいと強く思うようになりました。

そう考えていた私は、インターネットなどで調べた独学のトレーニングをしてプロを目指していました。

ところが、面接に行ったプロダクションで出会った人たちは、私など足下にも及ばない程の実力を持っていました。

きいたところによると、ほとんどの人がプロの環境で学べる学校へ通っているとのことでした。

私は家に帰るなり声優の学校について調べました。

そこには、今の私には足りない様々なバックアップや、プロのノウハウ、業界へのコネクションがありました。

いつかはあの面接の時の彼らに追いつき、そしてプロになる為に学校へ通うことを決意しました。

そして現在は、プロの世界に驚きながらも、素晴らしい環境で目標に向かって毎日充実したレッスンを受け、トレーニングをがんばっています。

好きなことを仕事にする為に声優の学校へ通っています

なんとなく学生時代を終え、なんとなくよくある一般的な企業に就職を決め、なんとなく日々を過ごしていた私は、ふとこのままで良いのかと、自分自身に問いつめていた。

しかし、このままではいけない気はするが、それ以上の明確な打開策は特に思いつかないままだった。

そんなある日、通勤の車の中で毎日聴く声優さんのラジオは、何もない私の毎日の大切な安らぎの時間であるが、ふと、この人のように誰かの為に何かを残せる人間になれたらいいのになと思った。

その日のラジオの話題はその声優さんの生い立ちについてだった。

声優になる為の学校

業界に詳しくない私には想像もつかなかったが、その人も素人から学校に通って身に付けたスキルとのことだった。

「声優の学校かぁ、楽しそうだな・・・。

」無意識に私はつぶやいていた。

何にも感心がない私だと思っていたが、何気なくつぶやいた一言が、この後の私の岐路になったのである。

そうして私は、好きなことを仕事にする為に、声優の学校へ通うのだった。